アパレルの仕事辞めたい理由-みんなの声【今すぐできる対処法!】

アパレルの仕事で辞めたい理由【みんなの声】

『ノルマ・売れてない・向いていない』という悩み

ブランドや、店舗によっては、ノルマがあって、しかも人が来ない。なので、最終的に自分のせいだと考えるようになるという悪循環におちいることがあります。
アパレル従事者の声の中でも、『ノルマに達することが出来なかったので、自分で買っている』ということが、ある程度一般化してきているようです。ひどい場合には、アパレルという華やかなイメージを持って販売員の仕事を始めたのに、服を買わざるを得なくなって、最終的に、水商売を掛け持ちにせざるを得なくなったというケースもあります。
とくに責任を負う立場になったときに、店長・副店長などの役割によって、ノルマ達成への重圧が、現場にのしかかり、苦労しているということが非常に多いのです。

『人間関係が辛い・クレーム・人手不足』の悩み

ほかに、ショップ店員や店長との人間関係で、どうしても働きづらい・コミュニケーションが上手く取れない・環境自体が働きづらいなど、深い悩みを持っているケースもあります。
また、商品の品質など、個人の力ではどうすることもできないことでも、最終的に売り上げを達成せざるを得ないので、お客様と、店側の板挟みになって、苦労しているという悩みもあります。
アパレル業界は慢性的な人手不足なので、どの店も常に求人広告を、掲載しているということがほとんどです。大型ショッピングモールなどは顕著ですが、販売員の募集が多いことに気が付くはずです。
その他、ノルマや人間関係と比べると、まだ耐えられそうな悩みとして、店舗の立地などによって「お客さんが来ない」という慢性的な悩みがあります。その場合も、ノルマを課せられている場合があるので、やはり数字を出さなければいけないタイミングで、現場が苦労していることが多いのが現状です。
最終的に、たどり着くのが、「自分はアパレルに向いていないんじゃないだろうか?」「自分だから売れないんじゃないか?」「ほかにもっと、やりがいのある仕事・向いている仕事があるんじゃないか?」と考えて、『辞めたい』という、気持ちから離れられなくなってしまうようです。
辞めたいと考えるタイミングは、初めてどれぐらいが多いのでしょうか?また、本当にやめるべきか?今できる対処法はないのか?について、続いて書いてみたいと思います。

番外編【みんなの声 アパレル従事者7人の最悪だったエピソードを掲載中!!】

年末年始、ゴールデンウィークなんて関係なし・・・
『アパレルの職場で最悪だった!と思うアパレルの職場でのエピソード』
<<ショップ店員 R様>>
個人で経営している服屋さんでアルバイしていたことがありました。個人といっても大きなお店構えをしていて、レディースものやメンズものや作業服、学童服や子供服の他にもタオル類やちょっとした雑貨、寝具用品、おもちゃやお菓子までなんでも揃っていて、価格も安く客足が多い服屋さんでした。

また、1週間以内であれば洋服が返品・交換できるシステムを設けていて、購入時のレシートや商品についていたタグがそのまま残っていれば可能でしたので、お客として買い物するには良いお店でした。しかし、スタッフとして働くのは最悪です。

大手の服屋さんと同じく年中無休で営業しているので覚えるや年末年始、ゴールデンウィークなんて関係なしです。むしろ稼ぎどきなのでまとまった休みをもらえませんでした。また、1週間以上の連続勤務をさせられたこともありとても辛かったことは今でも覚えています。また、売り上げにもシビアでレジのお金も千円以上の過不足を出せばお給料からその分、引かれてしまいました。

経営者の家族ははみんな優しく、人当たりが良い反面女性従業員には厳し、く指導してしっかりした体制を待ち、お店を繁盛させてたいました。それはとても大事なことだと思いました。しかし、娘さんや息子さんの仕事への対応は甘く、従業員なら怒られてしまうことも許されてしまうので、とても不公平に思いました。

その時の対処法& 今後、避けたいと思う職場・環境・労働条件など
おかげで、私は仕事への気力をなくし退職届を出して辞めました。年中無休で営業している接客業(アパレルのショップ店員や、スーパーのレジ打ちなど)は、融通が効きにくいので避けたいと思います。

部下のほうが、給料が上に・・・ありえない展開 (´;ω;`)
『アパレルの職場で最悪だった!と思うアパレルの職場でのエピソード』
<<店長&ショップ店員経験者 M様>>
私は近辺に複数店舗をもつ、代行会社に勤めておりました。

まず福利厚生がなっておらず、深夜手当を「ごめ?ん、つけないといけなかったわ」と、途中からつけたり、クレームでお客様の自宅まで行った時の交通費は出ず、有給も消化させてもらえず、連休もとらせてもらえませんでした。

昇給も2年に一度あるかないかで、パートさんは勤続10年で100円しか時給は上がっていませんでした。アルバイト時代から日祝、年末年始も時給は全く上がらず。賞与、退職金もなく、産休育休もなし。

その割に社長はやたらと旅行、贅沢三昧で、外車を何度も買い替え、年に数回は海外旅行、私たち従業員には仕事だと嘘をついていましたが、全員知っていました。

またやたらと他の店舗の従業員に、他の店舗の従業員の愚痴を言うことが多く、また従業員もお喋りな女性ばかりだった為、あることないことが、常にぐるぐるぐるぐる回っており、意味のわからないことで、いきなり注意をされたりということもありました。

また、「〇〇万円に給料を上げてもらえないと辞めます」と交渉する子が多く、私の部下もそれで交渉したところ、私よりも給料が上になり、もはや理解できず、社長に交渉する気にもならず、退職しました。

その時の対処法& 今後、避けたいと思う職場・環境・労働条件など
極力自店の話はしない、愚痴話を聞くときは「はひふへほ」の返事を心掛ける。(※注 「はひふへほ」は~、へ~、ほ~など、聞き手に徹すること。)

自分の愚痴は信頼できる友人若しくはパートナーへ。理不尽なことはすべて流す。

今後は年に一度は連休をとらせてもらえるところ、また、育休産休があり、長く勤めることができるところが希望です。

家族で経営しているショップで、お店の売り上げが悪い日は帰されてしまった。
『アパレルの職場で最悪だった!と思うアパレルの職場でのエピソード』
<<店長&ショップ店員経験者 R様>>
個人経営している自営業の小規模会社でショップで店員をしていた職場が最悪でした。

その前に勤めていた大手ショップからの転職でした。家族で経営しているショップで、社長夫婦とその娘2人が店員でした。私はそこの服が好きでよく買いに行っていたのですが、人手が足りないからうちでぜひ働かないかと誘われて転職しました。

そこの社長(男性)が厄介ものでした。4週6日で働き、今までと同じ給料を保証すると言われたのに、半年間時給は最低賃金でいくら頑張っても昇級はなし。社長も一緒に毎日お店に立ち、お店の売り上げが悪い日は帰されてしまうしひどい時には服を買わされました。

それでも、雇ってくれたので一生懸命接客を頑張っていましたが、たまーに来る社長の奥様が、嫌味満載な人で、個人の売り上げが悪いとお説教されるし無視されてました。
自分達の娘にはケーキやスイーツの差し入れを持ってきて私にはなしでした。個人の売り上げが良くても嫌味を言って来るご夫婦でしたので適当に働いていたら、明日からは来なくていいと解雇されました。

自分が頑張って自分には得になる事はひとつもなく、社長家族のお金になるだけだったので、解雇されてスッキリしましたけど、最悪の経営者でした。

その時の対処法& 今後、避けたいと思う職場・環境・労働条件など
社長に好かれていれば、もっと上手くできたかもしれませんが、経営者が50代で日サロに通ってる痛い、お方でしたので苦手意識の方が強かったので無理でした。

自営業はそれ以降避けています。やはり、大手で昇級ありの会社の方が全てにおいていいと思います。

バイヤーとしての中国での通訳で失敗!
『アパレルの職場で最悪だった!と思うアパレルの職場でのエピソード』
<<店長&ショップ店員経験者 C様>>
私がアパレルのバイヤーで出張で中国の市場へ買い付けに行った際の出来事です。

中国の現地の通訳の子が新しく雇われた子でした。やっとの思いで1人、日本から中国の事務所に疲れて到着しました。着いた瞬間に、はじめましてとしゃべり始めると、通訳なのに日本語があまり分かりませんということでした。

その時点で、中国語の単語を少ししか知らない程度の私は、しっかりと商品がオーダーできるのか不安でたまらなくなりました。まず、いつもお世話になっているメーカーが事務所に来て、メーカーに注文、交渉をしました。その時はなんとなくやり取りできたのですが、1ヶ月後に、注文した商品が日本に入ってくると、数や色が違っていたりしました。そのときの通訳の翻訳が間違っていたことに後から気づきました。

市場に出た際も、とても混雑して、迷路のような広い市場で、場所が分からない、迷子になりました。と、通訳兼ガイドのような仕事なのに、地図が読めず、案内もできず、結局私が自力で地図を見て通訳を引っ張って歩くという結果になりました。

雇用の求人が給料が安すぎて、現地でもなかなか応募に経験のある通訳が来ないとは聞いていましたが、そこまでひどい通訳は初めてだったので、仕事になりませんでした。

その時の対処法& 今後、避けたいと思う職場・環境・労働条件など
現地の採用の費用もケチらないで、しっかりとした人材を雇用することが求められると思いました。

3年間勤めたブランドの待遇が最悪!2年目でサブ店長に
『アパレルの職場で最悪だった!と思うアパレルの職場でのエピソード』
<<店長&ショップ店員経験者 A様>>
新卒で就職してから3年間勤めたブランドの待遇が最悪でした。私は服飾の専門学校に通っており、その際に実習に行かせていただいたブランドで実習後もアルバイトとして働き、卒業後にそのまま就職しました。

もともと好きな系統のブランドではなかったのですが、当時の店長に誘っていただいたのと、慣れた職場だったのでそのまま働くことにしました。ですが、いざ就職してみると人間関係は悪くなかったのですが、毎日残業は当たり前でしかも残業代はほとんどつかないサービス残業でした。給与はアパレルとしては普通くらいでしたがボーナスがあまりにも低いところも最悪でした。

また、アルバイトの経験も長かったこともあり、2年目でサブ店長を任されますます仕事が増えてしまいました。接客だけでなく店頭のレイアウトや後輩の指導など、どう頑張っても毎日残業しないと終わらない仕事の量でした。

店長も良い人だったのでしばらく経験を積もうと頑張っていましたが、店長が移動になり新しい店長に変わった際に、店舗のことをよくわからない店長にさらに多くの仕事を押し付けられました。

ついに耐えられなくなってしまいました。毎日仕事に行くのが憂鬱になり、このままではいけないと思い、ついに転職することを決意しました。

その時の対処法& 今後、避けたいと思う職場・環境・労働条件など
転職し、今は違うブランドで働いています。

せっかくいい人間関係だったのに、ぎくしゃくしだした・・・
『アパレルの職場で最悪だった!と思うアパレルの職場でのエピソード』
<<ショップ店員経験者 N様>>
私は全国に展開している大手のアパレル会社で働いていました。

新店舗のオープニングスタッフで入社したので、みんなで頑張ろうという雰囲気で人間関係はすごくよかったです。しかし実際に働いてみるとノルマは一切ありませんといっていたにも関わらず、“目標”という名の実質ノルマがありました。

毎月個人の売り上げの目標額を決められていて、達成できていないと店長との個人ミーティングでなぜ目標額に行かなかったのか?来月は目標達成するためにどうするのか?などを聞かれかなりプレッシャーをかけられていました。

せっかくいい人間関係だったのに、みんな個人売り上げのノルマのプレッシャーで新規のお客様の取り合いの様な状況になって関係がギクシャクする様になりました。さらにセール前などの忙しい時にはスタッフの人数に対して仕事量が多くとても勤務時間内ではおわらない状況でした。

残業しようと上司に相談した所「勤務時間内におわる様な仕事量しかないはずだけど?」と残業の許可はもらえず、仕方なくスタッフみんなでサービス残業をしていました。セールの前日に至ってはスタッフ全員で夜中の2時まで残業した事もありました。もちろん残業代は0です。

基本給だけでボーナスも寸志も一切無し、さらにかなりの量のサービス残業と割にあわない労働環境で退職する事にしました。退職の意識を伝えると上司にかなり引き止められましたが、それでも退職する事を伝えると「じゃあ次の新しいスタッフが入ったら辞めてもいいよ。」といわれました。
(ずっと求人を出していましたが何ヶ月も希望者はいませんでした。)

いつ辞めれるのかわからないと次の就職活動が出来ない事を言うと「本当にあなたの事を雇いたいと思ったら待ってくれるでしょ。」と言う始末でした。

何度も何度も交渉して何とか4ヶ月後に退職出来る事になりました。

売り上げが少ないバーゲン後のシーズンは自腹で売り上げを上げ・・・
『アパレルの職場で最悪だった!と思うアパレルの職場でのエピソード』
<<ショップ店員経験者 K様>>
高校卒業後、某大型ショッピングモールで販売員として働かせていただきました。

勤務初日は出勤後すぐに「じゃあ前(店頭)に立って。」と何の説明も受けないままに店頭に立たされ、「いらっしゃいませ。」「ありがとうございました。」以外の声かけもできない、仕事のできない私は先輩方に邪険に扱われました。

その後じわじわと先輩方の動きを見て仕事を覚えていきましたが、当時はお客様に話しかけられることが本当に嫌でした。

私が働いていた店舗では店長は大体バックスペースでパソコンや中作業、バイトは店頭といったスタイルでしたがお客様の来店が少ない平日の午前中や午後7時を回った時間帯は地獄でした。とゆうのもお客様が入られないと私たち販売員は服を畳み、掃除をし、誰もいない廊下に向かって挨拶をするしかなく、売り上げが少ないバーゲン後のシーズンは自腹で売り上げを上げなくてはならないことも多々ありました

休憩時間が先輩方と被れば、バックスペースのほんの1畳ほどの狭い休憩場所に先輩が靴を脱いで寝転び、下っ端の私は埃まみれの床でご飯を食べていました。

アパレルは(もちろん人にもよりますが)残業がつきものです。タペストリーを変えたり、棚を動かしたり、マネキンの服を変えたり、インテリアを変えたり、金勘定をしたり、新しい服を棚に上げたり、マーク(値札)を張り替えたり、そのせいで終電を逃すこともありました。

それでも正社員になるべく一年半フリーターとして働きつづけ一年半後伝えられたのは、正社員になることと引き換えに地方へ行くことになる、といった旨の話でした。

その頃地元での結婚を考えていたので「地方に出なければいけないのならば正社員になることを辞退します。」と伝えると当時の店長にとても責められました。「その程度で辞めていたら何の仕事もできない。」と。

結局私はアパレルを辞め、地元で別の仕事の正社員として働き出しました。

辞めたいと思うタイミングって?

1カ月~3カ月でも、職場によっては、ブラックだったと判明するケースあり

アパレルで働き初めて、通常は2カ月ぐらいは、必死に仕事を覚えて頑張ろうと積極的に、働いてきたという方がほとんどです。特に初めのころは覚えることが沢山ありすぎて、そのことに集中するので、ほかの選択肢が見えないというケースがほとんどです。
しかし、次第に職場の雰囲気や、人間関係、ノルマの達成度など、『今後、自分の身に降りかかってきそうなマイナス点』に目がつき始めて、何か変だな?という所から、疑念が深まったり、自分が続けていくには難しいと考えるようになります。
この場合多いのが、中小規模のアパレルブランドで労働環境がひどい、というケースです。残業手当が全くでない、土日の出勤が当然な上に、人手不足から週に6~7日出勤が常態化しているショップもあります。この場合は、まず自分の健康状態をチェックっして、いち早く対処方法を考えておくべきです。【今即できる対処法はこちらに書いています】

半年~1年で辞めたいと思うパターンが多い

半年~1年で辞めたい!と思うのは、『自分にできることは、すべてやった』というケースが多いです。1年近く立つと(特にブラック気味の環境の職場では、)新しいスタッフが、あとから入ってくる、と同時に、昔お世話になった先輩スタッフが辞めていくという事が多いのです。
はじめのうちは、自分だから出来ていなくて、『もっと仕事を覚えたら、なんとかなるはず!』と思って、頑張って耐えて、仕事を覚えて半年が立っても、環境が好転しない!という時点で、辞めたいという思いに至るのです。

初日~一週間ですでに辞めたいという感想も

場合によってーは、1日目から、もう人間関係の中からブラックだと分かって、辞めたいという極端なケースもあります。

職種・立場 タイミング
<<正社員>>
エリアマネージャー
販売
店長
副店長
デザイナー
<<派遣・契約社員>>
店員
接客
スタッフ
百貨店販売員
(アルバイト・パート)
研修期間
研修中
就職時
派遣先で
転職時直後



辞めたい⇒【今すぐできる対処法!】

『辞めたい』と思ったときに、一番解決したいのは、『現在の悩みと、これからのことを親身になって聞いてもらうこと』です。アパレル従事者の方が、利用する機会が増えてきているのが、「アパレルの転職支援サービス」です。
アパレルの業界で少しでも働いている場合に、人手不足の業界なので、転職を支援してまでも、『是非、弊社で働いてほしい!』というブランドは多いのです。
現在の仕事上の悩みを踏まえて、『将来的にどんなどんなお仕事なら紹介していただけますか?』、『今の悩みは、アパレル業界で、普通なことですか?』、『少しでも、環境や待遇の良い職場を紹介していただくことは、可能ですか?』という風に具体的に、相談内容を考えた上で、転職支援サービスを活用すると便利です。
転職支援を受けることの、最も大きなメリットは『私は、いつか辞めることができる』ということを改めて、実感できることです!
『辞めたい!』という悩みを持たれている方は、「いつまで、この状況を我慢すればいいんダ!」という、潜在的な想いを抱えている方がほとんどです。それに対する、もっとも安心できる対処法は、『辞める時期は、自分が決められる。そのうえで、いつ辞めるのが自分の次のキャリアにとってベストだろうか?』と、頭の中を切り替えられることが、重要なんです。
『辞めたい』⇒『いつ辞めるか?』⇒『最適な次の職場は?』
と、頭を切り替えて、最善の職場を確保したうえで、『辞める』という決断を実行すべきです。アパレル従事者の多くが、すぐに辞めてしまったことで、仕事が見つからず、ブランクが開いたことで、さらに次の仕事が見つけずらくなる!という悪循環に陥っています。ぜひ、気持ちを切り替えて、自分の可能性に焦点を当てて、今の気持ちを整理してみてはいかがでしょうか。

『アパレルの仕事辞めたい理由-みんなの声【今すぐできる対処法!】』の、ザックリ大事なポイント!!

『ザックリ大事なポイント』

アパレルの仕事辞めたい理由-みんなの声【今すぐできる対処法!】

○ 『ノルマ・売れてない・向いていない』という悩み
○ 『人間関係が辛い・クレーム・人手不足』の悩み
○ 『暇・やりがいが感じられない』
などの悩みを抱えているアパレル従事者は
多いのが現状です。
[非常に多くの悩みのパターンがあり、困っている内容も様々です。] 【今すぐできる対処法!】
『辞めたい!』という気持ちについて
相談してみるという方法があるよ。
今なら、『クリーデンス』というサービスでは、
全国対応で、アパレル従事者限定の
手厚い転職支援を実施中です。

『辞めたい!』という悩みを
少しでも、解消できるように書いてみました。
最後までお読み頂き、ありがとうございます。

理想の働き方をチェックしよう!!

キャリアアップ
仕事の幅を拡げる
個性的な企業で働く キャリアを考え直す

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

子育て中
時短で働く
待遇・環境の
良い会社を探す
ブランクあり
再就職・復職

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

企業ブランド重視の転職 海外・語学を活かした働き方 他の職種・
業種を検討する

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

このページのブックマークはこちらから:

コメントを残す