【アパレル転職は危険?】アパレル企業のブラック求人を見抜く方法とは?

ブラック企業に雇われて大変な思いをしている若者を支援している、「NPO法人 POSS」代表 今野晴貴氏の『求人詐欺』を元に、アパレル業界に関連する部分を調べてみました。

求人票から比較して読み解く

    問い:『ありがちな求人票・危ないのはどこ?』

    答え:『項目を省いている求人票は、すべて危ない』

上にあって、下の求人票にないものは?と見ていくと、諸手当・勤務地・休日休暇・福利厚生の5項目が欠けている!ってことに気が付くはずです。

求人の内容自体を、ぼやかして、あいまいに伝えているような求人票は、まず怪しい!ってことなんです。
『諸手当・勤務地・休日休暇・福利厚生』が書かれているか?など、求人票も、他の応募しようと思っている求人と照らし合わせて、欠けている点、マイナスになり得る点は、必ずチェックするようにしましょう!!この本で、書かれている内容を一言で言うならば、『ブラック企業が多くの業種に広がっているから、最低限の労働環境を満たしているか事前に確認して、自己防衛を!』という主張です。さらに、現在も劣悪な環境で、苦しんでいる場合には、上記のNPO法人で相談も受けているようです。もし現在、ブラックな職場にいて、困っているという場合で、過去にさかのぼって、企業に対して行動を取りたい場合には、相談してみることで改善策を助言してもらえる可能性があります。

求人内容の確認という点でいうと、、間違えやすいのが、、『求人票は、契約書とは違う!』ということが、見落とされがちです。求人票に書かれていたから、ラッキーと思っていても、実際の雇用契約に当たって、そのことが明記されていることを確認しておくことが必要なのです。ほとんどの真っ当な企業であれば、求人の中身と、契約内容が違っていることは、ほとんどないと思いますが、一部の中小のワンマン経営のブランドなどで、『求人詐欺』と言ってもおかしくない、契約を結ばされていたということもあるようです。
自分と企業との雇用契約については、自分でしっかりと、契約書の内容を把握して、確認しておく必要があるのです。ブラック企業を訴追する際も、まずは、法的な書類と比べて、実際の労働環境に、大きなギャップがなかったか、という部分から、企業側の責任の追及が可能になります。必ず、事前に契約内容を確認しましょう。出来ることであれば、契約の前段階で、条件の良い求人を選べるぐらいの、比較検討をしておいたほうが、より失敗を防ぎながら転職活動を行うことができます。

「キャリコネ」「転職会議」「Vorkers」で、口コミをチェック!

『web上で転職者の口コミ情報をチェックしたい!』そんな時に使える、大手の転職口コミサイト3つが、「転職会議」「キャリコネ」「Vorkers」です。それぞれ、「職務経歴書の登録」「過去働いたことのある企業の口コミ投稿」「500文字以上の口コミ投稿」と引き換えに、各企業の転職者・従業員による口コミを見ることができる仕組みです。

転職会議

キャリコネ

Vorkers

知名度でいうと、
転職会議キャリコネVorkers
の順で、だいたい口コミ掲載数も転職会議が最も投稿数が多く、小さな会社の情報も掲載していると思います。キャリコネは、口コミと合わせて、求人情報も掲載されています。アパレル専門の転職サービスと併用して、登録しておくことで、実際の求人内容と、年収・賞与・給与額の比較をすることもできます。
こういった情報をもとに、アパレルの専門サービスのキャリアアドバイザーに、相談をしてみると、さらにリアルな転職の事前情報をキャッチできます!
過去に働いたことのある会社の情報を、登録する必要がありますが、細かく書かなくても、登録できますので、事前の職場環境チェックに使えるサービスです。特にキャリコネの、企業の評判情報や年収、リアルなコメントは、確認しておくことで、失敗回避にもつながるのでオススメです。

紙媒体:就職四季報(東洋経済新報社)でチェック!

転職の場合、一つの目安にしかならないかもしれませんが、就職四季報は、東洋経済新報社が独自に調査しているので、企業側の思惑が混じらないところが、メリットだと言えます。
労働条件の予測データとして『平均勤続年数』『3年後離職率』『有給休暇消化率』『月平均残業時間数』などが、
掲載されているので、最低限の条件比較として、活用してみることは出来ると思います。ただやはり、小さな会社になると掲載されていないこともあるので、注意が必要です。逆に、この本で良さそうな会社をチェックして、求人がないか、アパレル転職サイトに相談してみるのも良いと思います。

第3者の意見を知っておくこと

転職に関して、第3者の意見を聞くということは、なかなか難しいのが現実です。そんな中で、いくつかのアパレル転職支援サービスを活用してみると、ある程度の比較は可能です。転職支援サービスも、サービスごとに方針が異なっていたりlキャリアアドバイザーという支援員との相性によって、良くも悪くも転職に影響することがあります。そこでオススメしているのが、『複数の転職支援サービスを活用することで、転職支援の質を比較してみる』ということです。特に良いキャリアアドバイザーを見つけ出すことが出来れば、1人だけの転職活動よりもずっと安心して、かつ情報収集の面でも、業界知識を深く学べます

誰もがブラック企業・ブラック求人には、注意したい!と思っているはずです。自分に出来ることは、事前にすべて確認しておくという姿勢が、最終的に後悔しなくて済むための、最善策です。

ちなみに、よくある求人偽装の典型例は、5つに分けることができます。
◇ 給与の水増し
◇ 正社員採用偽装
◇ 幹部登用あり
◇ 出来高制・店長・社長候補にも注意!
◇ 「あいまい型求人票」「契約強要型」

求人偽装の5つの典型例について

『ザックリ大事なポイント』

【アパレル転職は危険?】アパレル企業の
ブラック求人を見抜く方法とは?
このページのまとめ

ブラック求人かを確認するための事前策とは!?

○ 「キャリコネ」や就職四季報
  (東洋経済新報社)でチェック!
○ 第3者の意見を確認するべき!

アパレル転職の場合の
ブラック求人の見極めは、事前準備が
大事
ってことだね!!
webと紙媒体でWチェックする方法は
オススメします。
一番信憑性が高いのは、
業界を客観的な立場でみれる
人の意見だから、
転職サービスも、活用してみよう!

理想の働き方をチェックしよう!!

キャリアアップ
仕事の幅を拡げる
個性的な企業で働く キャリアを考え直す

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

子育て中
時短で働く
待遇・環境の
良い会社を探す
ブランクあり
再就職・復職

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

企業ブランド重視の転職 海外・語学を活かした働き方 他の職種・
業種を検討する

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

このページのブックマークはこちらから:

コメントを残す