アパレル面接に落ちないための服装質問受け答え【必須の注意点7選】


アパレルの面接の際に、
必要な事前の準備をチェックせずに
損をしていること、ありませんか?
最低限のチェックポイントを
押さえておくことで、
成功に一歩ずつ近づけるはず。
【必須の注意点7選】を、まずは知っておこう!
(急いでいる方は、最下部の
『ザックリ大事なポイント!!』のご確認を!
※とっておきの、「すぐにできる面接対策」
のことも、最期に書いています。


アパレル面接時はスーツ?服装は、同じブランドが良いって本当!?

一般企業でも、面接時に私服でもOKという企業が増えています。アパレルブランドの面接の際にも、私服で行う会社が多いのが現状です。
しかしブランド企業・応募する職種によっては、スーツで来てください、と言われることもあるので、応募時に応募企業側から、連絡があった際には、聞き逃さないようにチェックしましょう。
『スーツか私服か、についてどうしても迷う場合には、電話での応募時、またはメールでのやり取りの際に、さりげなく確認してみることをおススメします。』
スーツの場合も、私服の場合も、『清潔感のある服装』であることは重要なポイントです。一緒に働くことを考えたときに、ふさわしくないような、奇抜な個性は、印象良く思われません。
応募するブランド傾向を把握したうえで、同傾向の服装で、好印象を持たれる服装を目指すのがベストです。

私服での面接の場合は、店舗内のスタッフの服装を参考にするのもオススメ

私服の面接の場合、『応募ブランドと同じ服装を着用するか?全部、同じブランドで揃えるか?』という悩みが多いですが、そこまで神経質になることはありません。見られているのは、「服装の傾向・テイスト」の部分です。「服装の傾向・テイスト」について参考になるのは、応募ブランドのショップのスタッフの服装です。近くに複数の店舗がある場合には、確認してどんな服装なのか、確認してみても良いでしょう。
ただ、面接時に重視されているのは、その日だけの服装だけではなく、長期的に一緒に働ける人物かどうか?を見られています。ベストなのは、応募ブランドの、雰囲気や同傾向のブランドを把握した上で、清潔感のある服装を選ぶことです。
応募ブランドが、例えばきれいめな雰囲気のブランンドだった場合、面接時に派手な服装だったら、違和感を覚えるのが普通です。あくまで、同傾向の服装で、『この人となら、一緒に働きたい』と思ってもらえるような、清潔な服装を心がけましょう。

販売スタッフなどアルバイトor派遣スタッフの面接の場合

アパレルのアルバイト派遣スタッフでは、直接お客様に接する役割なので、私服を見られていると覚悟をしておいたほうが無難です。ただ、その時「自分の個性を表現する」のではなく、ブランドの服をよく知っていて、何か聞かれたら、同傾向のブランドについては、なんでも答えられるようなリサ―チをしておくのがベストです。
※「ファッション人工知能アプリSENSY」や、3大ファッションアプリ「WEAR」「iQON」「Polyvore」などを、スマホに入れておくと最低限の、ブランドチェックができます。「SENSY」では、自分の好きなブランドを、「Yes」「No」で答えていくだけで、自分好みのブランドを教えてくれるアプリです。「WEAR」「iQON」「Polyvore」は、スタイリングの提案アプリなので、ブランドの確認もできます。

中途採用・正社員の面接の場合

アパレルの場合、業界の慣習として、私服での面接が多いのが現状です。スーツで面接を受けるべきなのは、アパレルの正社員で本社勤務・商社の場合などに限られます。

どんな服装まではOKなのか?センスや意欲をアピールするためには、ふさわしい服装とは?

【女性が面接時に気になる服装のポイント】
アクセサリー関連 ハット/ネイル/マニキュア/巻き髪/前髪/ニット帽/ネックレス/ピアス/イヤリング/ウィッグ/パーマ
服装 クラッチバッグ/サルエルパンツ/スーツ/スニーカー/スキニー/タイツ/デニム/スーツインナー/上着/ワンピース/ノースリーブ/デニムジャケット/デニムシャツ/スーツ/ジーンズ/バッグ/パーカー/パンツ/パンプス/ガウチョ/リクルートスーツ/コート
靴関連 ヒール/厚底/サンダル/ブーツ/靴
メイク関連 カラコン/つけまつげ/爪
【男性が面接時に気になる服装のポイント】
服装 リクルートスーツ/鞄/髭/Tシャツ/半ズボン/半袖/短パン/ハーフパンツ

どこまでが、ふさわしい服装と言えるのか?という答えの一つの基準は、『働くブランドのショップのスタッフの服装』です。働いているスタッフ以上に華美な服装は避けるべきです。服装のテイストや傾向を合わせて、最低限のポイントを押さえておきましょう。

『全身同じブランドの服を着たほうが良いのか?』という問題の答え

アパレルの面接で、好印象を残したいという気持から、上から下まで、すべて応募するブランドで揃えるべきか?という疑問を持っている方が多いようです。
結論から言うと、そこまでしなくとも良い、というのが、ほとんどの人事担当者の声です。それよりも、注意すべきは、人として一緒に働きたいと思われるような誠実な態度で、面接ができているか、という部分を確認しましょう。
人事担当者が、一番怖いこととは何でしょうか?それは、働き始めてすぐに辞めてしまうことです。人事担当者は、本当に長く会社のために働いてくれる人を求めているので、最低限のブランド傾向や、商品知識をさりげなく伝えられていれば、全部を同じブランドにしなくても、ほかの部分で評価されたほうが、選ばれる確率が高いと言えます。
当日の服装の準備も必要ですが、それ以外の部分で、準備しておくべきことも多いのです。「ただ答えるだけじゃ受からない!?好印象を持たれるセールスポイントの自己PR法」以降もご確認を。

新卒・就活の面接の場合

新卒・就活の面接の場合は、唯一、スーツで面接を受けることが無難な選択だといえます。場合によって、「スーツ禁止。オフィスカジュアルも不可」「あなたを最も表現できる格好で来てください」と書かれている場合には、応募企業のブランド傾向を考えた上で、清潔感のある私服を選びましょう。

採用基準の3つのポイント・面接の前に準備すべき対策とは?

採用基準として当日チェックされているポイントは、大きく「ファッションセンス全般」、「メイク・ヘアスタイル ・小物・ネイル」、「笑顔・受け答えの仕方」の3点には、特に注意しましょう。

ファッションセンス全般

アパレル・ファッション関連で働く際に、センスや基本的なファッション感覚がずれていると、ブランド側として非常に困ります。自分が個性的である必要はありませんが、最低限のアパレル・ファッションの知識があることが分かるような、華美過ぎない服装で、面接の中でも、ファッションについての考え方や、知識・好みを伝えられるような準備をしておきましょう。

メイク・ヘアスタイル ・小物・ネイル

ファッションというと、服装のみを気にしている方も多いですが、意外と見られているのは、「メイク・ヘアスタイル ・小物・ネイル」などの、全体の雰囲気です。小物やネイルについては、店舗・ブランドによって異なるので、ショップスタッフの雰囲気と合わせることで、好印象を与えることができます。「メイク・ヘアスタイル」は、面接時に、もっとも記憶に残りやすいので、出来るだけ気を使って、「一緒に働きたい」と思ってもらえるような清潔さを目指すのがベストです。

笑顔・受け答えの仕方

メイク・ヘアスタイルと同じぐらい、記憶に残るのが、「笑顔やその人の雰囲気」です。見た目以上に、内面をしっかりと伝えられるような、面接の準備が必要です。具体定期には、想定されるような質問については、事前に、何パターンか、答えを準備しておいて、その時の前後の面接の流れによって、最善の受け答えができるように、考えておきましょう。

販売員?専門職の場合も要確認!よく聞かれる質問一覧と、受け答え・逆質問の方法!

アパレルのお仕事で、「よく聞かれる質問」は、事前に頭の中で、すぐに答えられるぐらいに、イメージトレーニングをしておくことをお勧めします。急に、その時に考え出そうと思っても、うまく言葉にならなかったり、焦ってしまうことが多いものです。事前に、自分なりの答えを用意できていれば、面接時のアドリブも、用意していた答え以上に、その場にふさわしい答えを導き出せるはずなので、基本パターンは、確認しておきましょう!

【アパレル面接での基本の質問 編】

・なぜ、当社に応募しようと思いましたか?

正直に、アパレルで働きたいという意欲を伝えられるような言葉を、自分で表現してみましょう!

・なぜこの職業を志望したのですか?/志望動機を教えて下さい
(なぜこの会社、ブランドを希望したのか)

応募した仕事の先に、どんなことを目指しているのかを、合わせて伝えられるとベストです。ブランドについて事前に調べておいて、同傾向のライバル的なブランドと比べて、どんな部分に興味を持っているから、このブランドを選んびました、など具体的な、話しが出来たほうが、信頼度が上がります。

・自己アピールをお願いします/簡単に自己紹介をしてください。

客観的な自己分析が、アパレルの面接時には必要です。自分で自己アピール・自己PR・自己紹介を用意しておくことが必要ですが、さらに応募ブランド・会社が求めているアピールポイントを確認するには、「無料で支援してもらえる転職・就業支援」についても、確認することで、万全なチェックが可能です。

・将来の夢はなんですか?キャリアプランはなんですか?

正直に、どんな仕事を目指してているのか?

・前職の退職理由は何でしょうか?転職の理由は?
・当社のお店の印象 ・ブランドのイメージ・商品の事をどう思いますか?
・趣味は何ですか?
・あなたの宝物はなんですか?
・周りの人からあなたはどう見られていますか?

【販売職・店舗スタッフへの質問 編】

・クレームがあったときの対処法
・過去の仕事や学校で何を得たか、そして それを販売にどう活かせるか
・よく買い物に行くお店はどこですか?
・接客で一番大切な事は何だと思いますか?
・接客の際に心がけていること ・好きな洋服のテイストを教えて下さい。
・オシャレする際に心がけていることは?
・よく読む雑誌は何ですか?
・洋服の中で一番お金をかけるところはどこですか?
・接客に必要なものは何だと思いますか?
・好きなブランドを教えて下さい
・うちのお店の弱点を言って下さい

【専門職への質問 編】

・ブランドイメージを保つために一番必要なことは何ですか?
・当社のブランド名をいくつか挙げてください?
・コピー商品はどうしたらなくなると思いますか?
・「和服」の長所は何だと思いますか?
・日本と海外のブランドの違いは何だと考えますか?
・海外生産に頼らず、コストダウンをはかる方法はありますか?
・ファッション業界のビジネスとサービスの関連性についてどう考えていますか?
・新規にオープンする店舗の店長は、どんなタイプの人が望ましいと思いますか?
・当社のブランド商品を1つ選び、好きな点と嫌いな点をそれぞれ挙げてください。

【少し突っ込んだ質問 編】

・給与はどれくらい希望していますか?
・残業や休日出勤がありますが、許容出来ますか?
・他に面接を受けている企業・ブランドはありますか?
・あなたが働くと、お店にとってどんなプラスがありますか?
・あなたの長所と難所は? ・過去印象に残っている接客
・なぜアパレルで働こうと思ったのですか?
・こちらのお店に実際行かれたことはありますか?感想と良いところ悪いところを教えて下さい。

【逆質問のパターン】『何か質問はありますか?』と言われた時の対処

・何か質問はありますか?

面接の最期に、逆質問で、『何か質問はありますか?』と聞かれることも、事前に想定して、面接に望みましょう!
その際の質問は、『自分をアピールして、印象付けられる最後の言葉』になります。
NGなのは、給与や、残業など待遇面の話です。もし、待遇面の話をするならば、面接の中盤以降の早い段階で、確認しておきましょう。
逆質問の例としては、以下のような、好印象を持ってもらえるような質問を、自分の言葉として、自然に言えるように準備しましょう。
「今まで私が積んできた経験の中で、活かせる部分や、今後さらに学んだほうが仕事の中で役立つと思われる部分があれば、教えてください。」
「出来るだけ準備をしておきたいと思うので、もし確認できれは、仕事の繁忙期は何月頃になりますか?」
「自分は、色彩検定の取得などアパレル企画なども学び、将来に向けて勉強しています。就業後の頑張り次第で、MD(マーチャンダイザー)へのチャレンジをした例はありますか?」
「もし、私が御社で働けることになった場合、さらに資格を取得したり、学んだりすべきスキルはどのような部分でしょうか?」
「特に質問はありませんが、採用された際には、是非採用してよかった、と言ってもらえるように、頑張ります!」
『働きたい!と思っていること』を印象付けられるように、素直に自分の言葉で、質問や、仕事への意欲を伝えることは、とても重要です。

ただ答えるだけじゃ受からない!?好印象を持たれるセールスポイントのアピール・自己PR法!
~強みをアピールするのが最大のコツ!~

ここまでが、基本的な質問についての対策です。質問に答えるのは、基本ですが、さらに『良い印象を与える』ために、できることも考えましょう。自分を表現できるのは、とくに「セールスポイント」や「自己PR」の時間です。
長所・短所を聞かれた際にも、「いかに自分が、応募しているブランドに貢献できるか?」という部分に焦点を当てて、自分の強みを書き出してみましょう。
〇 応募しているブランドのどんな部分を良いと思っていて、仕事上では、具体的にどんな貢献ができるか?
〇 知人から、少しでも褒められたことがあるポイントがあれば、『だから御社のお仕事の上で、〇〇という形で貢献できればと考えております』という流れで、貢献できることをアピールする。
〇 もし、過去に実績があれば、『〇〇というお仕事を過去で経験したことがあり、御社でも機会がありましたら、~~の部分で力を発揮したいと希望しております』と、具体的にアピールする。
強みをアピールする際のコツは、『自分をアピールするのではなく、自分が働き始めたときに、貢献できる内容・期待値』をアピールすることです。この辺りは、自己責任になるのですが、多少は、自分に期待してもらうぐらい「話しを盛って」も良いと思います。ただし、働き始めて、話した内容を超えるぐらいの働きぶりを発揮することは、互いの信頼関係のためにも必要ですね。

志望動機はどう答える?聞かれること・緊張しないための方法!

アパレルの面接の際の、志望動機について答える際の最適な方法に関しては、こちらに詳しく書いています。

【失敗回避法】結局私服はOKなの!?無料で支援してもらえる『転職・就業支援』も活用しよう!!

『結局私服はOKなの!?』という答えに関しては、アパレルの場合には、就職活動などの場合を除いて、ほとんどの場合私服で働く環境が浸透しているために、通常、私服での面接と考えて問題ありません。しかし、本社勤務の場合や、商社系のアパレルのお仕事の場合、また企業によって、面接時の服装の規定が決まっている場合もあります。
そんな時に、活用したいのが、アパレルの『転職・就業支援』サービスです。
未経験者の面接の際のフォローをしてくれるのが、「ファッショーネ(関東限定)」、「iDA アイディアクセス(全国対応)」、「アパレル派遣ナビ(全国対応)」です。面接前に、どんな服装が適切か、どんな自己アピールをすると印象が良いか?求められている人物像は?など、転職サービスしか知りえない、面接合格へのヒントやアドバイスを受けることができるので、登録してアドバイスを受けておくことをお勧めします。
もし、アパレルの経験者であれば、現在、「クリーデンス」では、手厚い転職者支援を実施しているので、具体的な希望ブランド・企業などを伝えることでアドバイスを受けることが可能です。※さらに『経験者への限定非公開求人』も、直接公開してもらえることもあるので、情報収集の面でも、役立ちます。

『ザックリ大事なポイント』

アパレル面接に落ちないための服装質問受け答え【必須の注意点7選】

7選の中でさらに大事なポイントは、以下の4項目だよ。

○ アパレルの面接時には例外的に
スーツの場合があるので、応募時に
確認しよう。
〇 面接時によく聞かれる質問は
事前に頭に入れて、イメージトレーニングを。
〇 聞かれることに確実に答えた後で、
『自分がいかに応募ブランドに貢献できるか?』
という強みを、印象付けることことも大事!
転職支援サービスを使うことで、
応募時に最もふさわしい服装や、
面接のアドバイスを受けられることも
あるので、活用すると便利です。
基本的な準備はもちろん必要。
その上で、応募するブランドの情報を
事前に確認して、万全な準備体制を整えよう!

あせらず、一歩ずつ!!面接成功に向けて、
まずは一歩を踏み出そう!!

理想の働き方をチェックしよう!!

キャリアアップ
仕事の幅を拡げる
個性的な企業で働く キャリアを考え直す

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

子育て中
時短で働く
待遇・環境の
良い会社を探す
ブランクあり
再就職・復職

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

企業ブランド重視の転職 海外・語学を活かした働き方 他の職種・
業種を検討する

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

アパレル転職求人のバナー

このページのブックマークはこちらから:

コメントを残す